要約が長文読解のキモ その4

随筆の要約

随筆は、筆者が体験したこと(見たり、聞いたり)をきっかけに、ちょっと考えたことを書く、というパターンが典型的なものです。

ですから、
・どんな体験をしたのか(どんなことを見たのか、何を聞いたのか)
・どんなことを考えたのか
という2点を押さえる必要があります。

例)ニュースでは最近の若者はどうしようもないということが多い。しかし電車に乗ったら、女子大生が老  人に席をゆずっていた。こんないい若者もいるんだということを実感した。

随筆には、たくさんの型があるので、上記の例にあてはまらない場合も多いでしょう。