要約が長文読解のキモ その5

これまで説明したように、長文の内容を2文、できれば1文で要約できるようになると、読解力が飛躍的に向上したことになります。

筆者が読者に伝えたいことが一つあり、さらに、なぜそれを伝えたか、を読み取ればいいわけです。
これは説明文に特徴的なことですが、物語でも随筆でも同じように考えてみてください。

このような思考法は、論文を書くとか会社内での会議などでは必要なのですが、実は日常の生活ではあまり使わない能力なのです。さらに言うと、日本社会では主張を通すより、他人に話に調子を合わせるような力を向上させてしまう傾向があると思います。

アメリカをはじめとする欧米文化とは大きく異なることだと思いますが、すっきりとした人生を歩むための大きな力になるのではないかと考えております。