説明文は理由を探す

説明文では、第一に筆者の主張を読み取ります。

その際に必要なことが、その理由です。
理由を説明するために、“反対のことを挙げてそれはダメ”という構造をすることが多いのです。

つまり、対比させて、一方はダメだから、もう一方である。

表面的に読むと、このダメな方を理由と読み取らないように注意してください。