ていねい語の作り方

ていねい語とは、ていねいな表現で、相手を直接に敬う使い方。

1) ていねいの助動詞「です」「ます」を使う。

  私はゲームをしています
  
2) 「ございます」「おります」を補助動詞として使う。

  次の駅は、田無(タナシ)でございます

3) 接頭語「お」「ご」をつける。

  手紙・一緒