加減の力をつける

計算力は、算数のすべての問題に関係してきます。
計算力だけあればいい、わけではありませんが、その力はなくてはなりません。

それをつけるには、かの有名が百マス計算があります。
私はそれを作ったり買ったりするのが面倒なので、トランプを使っています。
ひとまず、1種類13枚で何度か練習します。慣れてきたら、26枚にして足し算をします。
1分以内にできるようになることが目標です。

次に、引き算です。13枚の合計が91なので、そこから引いていき、最後に0になればいいのです。
慣れたら、26枚の182からの引き算になります。
これも1分以内。

計算力のない子にはかなり目標が高くなりますので、毎日取り組んでください。