説明文の構造 2

前回、説明文の構造は2項対立していることが多い、と書きました。

2項対立で、AとnotA(Aではない)の対立はわかりやすいのですが、中には部分否定で対立させるというややレベルの高い説明文もあります。

例)
・日本人は昔から自然を大切にしてきており、自然が大好きだ
・自然が大好きだとは言い切れない。なぜなら日本人の好きなリゾートやディズニーランドは擬似自然だ からだ

この構造をもった文章をきちんと読み取るには、かなりの力が必要です。

中学受験・高校受験までには、この力を身につけておきたいものです。