中学受験 偏差値30からの挑戦 (読解力の公式)

学習塾経営者である筆者の子どもが中学入試に挑戦しました。 親の立場で感じた中学受験の感想と、学校では教えてくれない効果的な学習方法について記述します。 国語を伸ばす『読解力の公式』や算数・数学の成績を伸ばす方法も記述しました。

中学受験 偏差値30からの挑戦サイトについて

 

『読解力の公式』を含む中学受験サイトはこちら 

 

読解力が上がる無料メルマガ登録はこちらからどうぞ。
はじめに「読解の公式誕生」無料レポートプレゼント中!

名前
メール

 

 幼い頃、私のとなりの家が塾をしていました。そこのお母さんが元小学教師だったのです。小学校時代の私は、なんとなく毎日通うようになっていました。たぶんそのせいであまり努力しなくても成績が上がったんです。勉強ができるとどんどん面白くなって、すっかりとりこになったんです。

 以来、多くの子どもたちにこの喜びを伝えようと、活動してきました。それで、自分でも塾を始めて指導してみたのですが、すぐに成績が上がる子は少数だったのです。よく分析してみたら、多くの子どもは国語がニガテだったんです。よく「国語はセンスだよ」なんていいますよね。これまでは国語力を上げる指導法があまりなかったんですよね。

 どう教えたら国語の力がつくのかを様々な方法で試していたら、ある時、ふと長文の型に気づきました。さらに受験問題などを調べてみたら、『読解力の公式』があるとがわかったんです。以後、この法則を使うとうまく行くようになりました。

 その方法は、

『中学受験 偏差値30からの挑戦(読解力の公式)』をご覧ください。

 

 

2007年10月24日に、4月に行われた全国学力・学習状況調査の結果が発表されました。
覚えていらっしゃいますか?
小6・中3に対する全国的なテストです。
結果は、『知識はまあまあだが、その活用力においては劣る』というものでした。
2003年のOECDの世界的学力テストの結果と同様のものでした。

さて、この結果に対して今後どのようにしていくか?
という一番大事なことについて、文部科学省・教育委員会・学校ともに具体策はまだない様子。

そこで、まめの木塾が立ち上がりました。
11月から世界標準の読解力を身につけるクラスが始まります。

 

このサイトはリンクフリーです。
リンクしていただいた場合はご連絡いただけると作者の励みになります。